設立理念

消費者方々が家を建てると決めた場合には代表的な行動が下記の3つのパターンになるかと思います。

行動パターン1

建売住宅又は、中古住宅を見て購入する。

行動パターン2

次は、住宅展示場に行って勉強する。

行動パターン3

その次は、見学会に行くです。

それぞれに良いところと悪いところがあります。

行動パターン1 建売住宅、中古住宅を見て購入する

○メリット

  • 家が既に建っているので見て決められる
  • 気に入ったら、すぐに購入して引っ越しできる

×デメリット

  • 間取りや仕様が自分の思いとおりに決められない
  • 建築中を見ていないので、工事がきちんと行われていたか検証できない
  • 中古住宅の場合は、リフォームに意外にお金がかかる不具合対応が悪いとことが多い

行動パターン2 住宅展示場に行って勉強する

○メリット

  • 専任の営業マンがついて、懇切丁寧に説明してくれる
  • 大手が多いので品質が安定している
  • 大手が多いので工期等がきちんとしている
  • 大手の場合は、倒産等のリスクが比較的少ない
  • 間取り、仕様も自由に決められる
  • 土地の斡旋をしてくれる場合も多い

×デメリット

  • 通常は展示場のコスト、広告宣伝費などがあり家が割高
  • 会社によっては、しつこいくらい営業マンが自宅に来る
  • 営業マンは契約をしたら、それ以降ほとんど来てくれない
  • 会うのは、営業担当者だけで、社長が出てくることは皆無
  • 問題点が出るとたらい回しにされる可能性も多い

行動パターン3 見学会に行く

○メリット

  • 比較的小規模の会社が多く、総じてコストは低くその分家にお金をかけてくれる
  • 間取り、仕様が自由に決められる
  • 土地の斡旋もしてくれる場合も多い
  • 営業担当が、ずっと固定で最後まで面倒見てくれる場合が多い
  • 家づくりに一言ある社長が直接話をしてくれる場合が多い

×デメリット

  • デザインのセンスが今ひとつの会社もある
  • 会社の規模が小さいので、倒産などの不安がある

我々は、この住宅産業の悪い部分を消費者の皆様の安心に変えて行こうと考えています。

例えば・・・
我々の独自の認定基準で、住宅会社の品質、経営状態などをチェックして、会員として登録してあります。

景気が悪くなり、消費者の皆様の住宅への視線はますます厳しいものになってきていることと思います。
そうした中、少しでも価格が手頃で、品質の良いものを安心して購入いただく事を後押しして行くのが我々の使命だと思っています。もちろん、弊社が会員を完全に保証する訳ではありませんが、実際に現場を拝見し、経営状態もある程度調査した上で、会員としてご登録頂いております。

今後はより厳しい認定基準を掲げて、消費者の皆様の住宅選びの参考なれば幸いです。

協議会員
認定工務店
当社団法人では、「経営状態」「クレーム率」「保証体制」「現場」の4つの基準で優良工務店として認定しています。
出版物紹介
2014年度版 全国優良工務店100選
2014年度版 全国優良工務店100選
詳細はこちら
このページのTOPに戻る